鏡餅は年神様(としがみさま)の宿る場所です。

img_1466

img_1466

お正月には年神様が訪れ、家の中の各場所に「分霊」され、様々な神様として

宿られるそうです。台所には火の神様「竈神(かまどがみ)」「荒神(こうじん)」

水の神様「水神(すいじん)」、トイレには「厠神(かわやがみ)」、寝室には

「納戸神(なんどがみ)」が宿ります。

鏡餅は分霊された神様の居場所なのです。また、普段愛用している大切な道具にも

お供えする風習もあるそうです。

↑↑↑
クリックするとそれぞれ新しい画面でチラシのPDFファイルを拡大表示できます
(※ OSがアンドロイドの場合はダウンロードして拡大表示)